Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

中盤の構想力/李夏林



高段者 ☆☆☆☆
東京創元社 睦鎮碩監修 洪敏和訳

 19局の世界戦や韓国国内棋戦の対局を、中盤戦中心に解説してある。初手からテーマ図までの手順も掲載されているのが便利だが、どうせなら総譜もつけてほしかった。
 世界戦の難解な攻防に関する情報は乏しいので、高段者や世界戦ウォッチャーにとってはうれしい一冊。
category
中盤

アマの知らないとっておきの裏定石



マイナビ 松浦孝仁
高段者 ☆☆☆★

 純粋な隅の定石だけではなく、辺の定型や定石後の手段に含まれるようなものを含んでいる。必ずしも最新形ばかりではなく、昔からある手段も紹介されている。実戦で使えそうな形が多いので実用度は高い。読みこなすにはそれなりに棋力や予備知識が必要な感じもあるので高段者向け。
category
定石

基本定石の周辺/安斉伸彰



有段者 ☆☆☆☆
日本棋院 榎本弘幸

 月刊『囲碁ワールド』誌上に3年間連載された講座を単行本化したもので、所謂定石後の打ち方をテーマにしている。実戦に頻出の形や変化を丁寧に解説してあり、内容は非常に濃い。まえがきにもある通りかなり高度な内容も含むが、基本の基本からしっかり記述されているので、有段レベル(場合によっては上級レベル)から実践的な即戦力の技術書としておすすめの一冊。薄手で1000円とお手軽な印象とは裏腹に、長く愛読できそうな良書である。

 雑誌連載では白番からの見た目でテーマ図設定されていたのが特徴だったが、単行本では黒番目線に変更されている。丁寧な変化図の作り方、一つ一つの変化図の判断をできるだけ明確に示していて、誠実でよい解説だと思う。

category
定石

布石の新常識/蘇耀国



高段者 ☆☆☆★
マイナビ 朴道純

 『定石のマル秘ノート』の続編。最新流行形を紹介する布石本、定石本だが、前作同様どのような理由で旧型が廃り、新手法が出現したかをしっかりフォローしているところが特徴である。最近は目まぐるしく流行形が移り変わるので、一般のアマチュアにとってはその変化が何によってもたらされているかもよく分からないことがほとんどだと思われる。本書のような内容は最新のプロの打碁を理解したい人にとっては必須である。

 今回はかなり多くの型を取り上げ、さらにまさに進化途中のテーマも盛り込んだので、記述の明解さでは前作に劣るように思われる。また平易な説明に心がけて作製されたとも思われるので、難解な部分に関してあえて深く突っ込まずに記述している面があり高段者には不満かもしれない。

 書かれている内容(情報)としては高段者や最新の世界棋戦を鑑賞したいという人向きで、記述のレベルとしては有段者ならば理解しやすく勉強になるといった感じではないかと思う。 

category
布石

日本詰碁百景/石榑郁郎



有段者 ☆☆☆☆★
誠文堂新光社 大島正雄

 名詰碁作家・石榑郁郎九段の詰碁集。
 100問収録で、ヒント文ありの構成。橋本宇太郎の街道もの(『詰碁・五十三次』『詰碁・中山道』『詰碁・奥の細道』)の様に、各問に日本全国の名勝地などの名前を冠しているが、一般的な名所よりも囲碁にまつわる事物が多めである。

 前書きにある通り、シンプルな図形で変化に富んだ問題が厳選されており、問題の質は非常に高い。考えてみようという気になるシンプルな図形ながら、受けの妙着がある問題も多く、一手一手慎重で繊細な回答を要求させる問題が多い。一言でいうなら美しい詰碁集。
 ヒントでコウか無条件かがわかってしまうのは玉に瑕ではある。問題のレベルはばらつきがある感じで難問ばかりではないが、全て解くには高段の棋力が必要だろう。

 棋苑図書から出た『石槫詰碁選集Ⅰ』の続刊がないのが気になるところだが、どんな形であれ石榑九段の詰碁集が出版されるのは喜ばしいことである。
category
詰碁集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。