Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲碁大事典(1,2,3)/鈴木為次郎



物好き ☆☆★

 昭和32年刊。
 1巻(星、三三)は星5373図、三三660図の計6033図、2巻(小目)は小目6677図、3巻(高目、目外し、その他)6658図。3巻合計で19368図。版が違うと6分冊になっているものある。

 『定石大事典』以上に情報が古く、もはや定石発達史でも研究しようという人にしか必要の無い本。
 専門棋士の研究成果である定石を纏め上げ、総覧できるようにしようということ自体は価値のある試みで、おそらく鈴木為次郎による本書はその嚆矢としていいだろう。そういう意味で大変文化的価値のある本である。このような辞典の編纂は、実用性はともかく文化事業として、数十年に1回は行うべきだろう。
category
定石

定石大事典/日本棋院

  

高段者 ☆☆★
日本棋院 
 
 昭和61年刊。
 上巻(星、高目、目外し、三三、大高目、大目外し、5の五)は9369図、下巻(小目)は9692図、合計19061図。
 膨大な情報量を誇るが、すでに30年近い時間を経過しているので実践的な利用価値は低い。その巨体もあって、かなり邪魔。脚付き碁盤と定石大事典を揃えれば自分の碁への愛情を物理的に表現することに成功するだろう。
category
定石

呉清源のこの手ご用心(小目編、目外し高目編、置碁編)/呉清源

    

有段者 ☆☆☆☆
池田書店 三堀将(のはず)

 これは名著と言っていいシリーズ。機略にとんだ変化、うっかりしそうな筋、損の無いハメ手など、まさに「この手ご用心」な変化を紹介している。置碁編はハメ手対策的な要素が大きい。
 もちろん古い本なので定石本としては不利な材料だが、さすが呉清源という作図が多いので今でも充分価値がある。
  
 
category
定石

妖刀という名の定石/長谷川章

 有段者 ☆☆★
 日本棋院 山下秀一 

 ゴ・スーパーブックス22。昭和47年刊。
 村正の妖刀定石の解説書。古い定石書なので、定石マニアの資料以上の価値は無い。
category
定石

ナダレ定石/藤沢秀行

 有段者 ☆☆☆★
 日本棋院 中島宏二

 ゴ・スーパーブックス1。昭和44年刊。
 ナダレ定石の解説書。古い定石書であるが、プロの実戦例を引いての全局的な解説が豊富なのが特徴で、非常に読み応えがある。情報が古いのであえて探して購入するようなものとまではお薦めできない。
category
定石
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。