やさしく語る碁の本質/白石勇一



級位者~ ☆☆☆☆
マイナビ

 白石勇一六段の処女作。碁の基本を丁寧に説いた一冊で、級位者でもわかるように平易に書かれている。カテゴリ選択が難しかったが棋理の本。要約すれば「碁の序中盤は、なにより石の強弱を重視して打ちなさい」という内容で、これは本当に大事なことと思う。白石六段が抱えている問題意識には、普段囲碁を教えている身としては大いに共感できて、とても大切なことが書かれていると思う。

 本書で語られる内容は、初級者が素朴に理解できるとはいってもけして「簡単なこと」ではない。囲碁に限らず万事「基本」というものはそうなのかもしれないが、あまりにも単純で当り前で大切なことというのは、深く理解したり実践することは容易ではない。本書は一応級位者向けではあるが、上達しても繰り返し読むとよい本。また「万年○段」など棋力の伸びがぱったりと止まっている人にもぜひ手に取ってもらいたい一冊である。

追記
 最終章は面白い形式の問題で、プロの棋譜の手の意味を説明させるというもの。(その手が守りの手なのか、攻めの手なのか、根拠を作る手なのかなど)囲碁は抽象的な概念をいろいろと覚えなくてはいけないが、教えるときにそれをあいまいにしている場合がほとんどだ。とてもよい試みだと思った。
スポンサーサイト
category
講座

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/700-abaff09d