基本定石の周辺/安斉伸彰



有段者 ☆☆☆☆
日本棋院 榎本弘幸

 月刊『囲碁ワールド』誌上に3年間連載された講座を単行本化したもので、所謂定石後の打ち方をテーマにしている。実戦に頻出の形や変化を丁寧に解説してあり、内容は非常に濃い。まえがきにもある通りかなり高度な内容も含むが、基本の基本からしっかり記述されているので、有段レベル(場合によっては上級レベル)から実践的な即戦力の技術書としておすすめの一冊。薄手で1000円とお手軽な印象とは裏腹に、長く愛読できそうな良書である。

 雑誌連載では白番からの見た目でテーマ図設定されていたのが特徴だったが、単行本では黒番目線に変更されている。丁寧な変化図の作り方、一つ一つの変化図の判断をできるだけ明確に示していて、誠実でよい解説だと思う。

スポンサーサイト
category
定石

Comment

プリンタ

以前碁神道策についてコメントした者です。
すみませんが、この本についてのコメントではありません。
棋譜を印刷するプリンタについてなのですが、
囲碁データハウスの囲碁古典棋譜全集というソフトの棋譜を印刷するために
プリンタの購入を検討しているのですが、
アマゾンで検索しても人気だけど星ひとつのレビューを見ると
買う気が失せてしまうのです・・・。
dasさんのおすすめのプリンタを教えていただきたいのです。
購入の参考によろしくお願いします。
  • 2016⁄03⁄20(日)
  • 20:17

特には・・・

 勝負師一代目様≫

 プリンタには特にこだわりはないので、よいアドバイスはできそうにありません。エプソンのレーザープリンターを使っていますが、別に棋譜印刷に適しているからという理由で買ったわけではないですし・・・
http://www.epson.jp/products/bizprinter/lps210/
  • 2016⁄03⁄21(月)
  • 06:59

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2016⁄03⁄23(水)
  • 20:41

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/696-c5acff28