スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

プロアマ置碁問答 なぜそう打つなぜそうなる/大矢浩一



上級以上 ☆☆☆☆
誠文堂新光社 川熊博行

 月刊囲碁誌上に連載され人気を博した講座をまとめた置碁本。大変素晴らしい講座だったので、ダイジェストなのがもったいないぐらいである。

 置碁の検討ということで前田陳爾『置碁検討録』(同じ囲碁誌上の講座でもある)を意識している部分もあると思われる。また石田章九段が別の雑誌で好評だった置碁講座に似て、置碁の話をしながら置碁をこえて棋理・手筋そのものを学べる本であり、本書を単に置碁本と思ってしまうのは間違いである。(カテゴリーを置碁にするのをためらった)

 本書はいろいろな読み方ができる本で、指導碁(置碁)で勝ちたい(自分が知らずに犯している過ちを知る)ひとから、棋理・手筋そのものを基本に立ち返って学びたいひと、そして白の側の打ち方(置碁のこなし方)を学びたいひとにも有益である。さすがに大矢九段の置碁の打ちまわしは見事で、無理の少ないきれいな石の運びで下手をこなしていく。相手の実力を見る意味で無理手も繰り出すが、その無理の仕方も参考になる。まえがきで大矢九段はアマチュアが陥りがちな心理的な誤りを正すことに重点を置いたと述べているが、白が繰り出す勝負手・無理手はその心理面をくすぐるような手で単に無謀な手ではない。

 幅広い棋力の人に、繰り返し読まれるべき名著である。
  

スポンサーサイト
category
置碁

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/688-3d1d1471

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。