スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

爽快!勝ち筋さがし/大橋拓文



中級~高段 ☆☆☆☆★
マイナビ 高木秀和

 これは分類に困った。
 詰碁作家として有名な大橋拓文六段が創作した問題集。構成は慶応OBの強豪高木さん。構成となっているが、事実上の共著者で、問題図の右下にS.Tとあるものは高木さんの創作した問題。

 これは画期的な問題集といえる。

 『置き去りの傷を探せ』という画期的な問題集がある。これは9路盤の実戦形の局面の中に二つの手筋が隠れているというもの。洗練された問題図だと気が付けても、ごちゃごちゃした実戦形だと手筋を見逃してしまうということはよくある。そこに着目した出題形式を考え出したという点で画期的だった。この「置き去りの傷を探せ」問題は囲碁未来などでも出題形式として定着している。
 
 今回の『勝ち筋さがし!』はそれを進化(深化)させた、超画期的問題集だ。
 実戦形に手筋が2つ隠れているのは同じ。しかしそれだけではなく、全局のヨセ問題にもなっているのだ!見つけた二つの手段を軸に、勝ちにたどり着く一つの道筋―勝ち筋―をたどるスリリングな世界が待っている。

 難易度は手筋発見だけなら級位者から十分楽しめる。勝ちを読み切るとなると、後半はかなりの難問になるので高段でも頭を悩ますだろう。ひとつの図面で棋力に合わせた楽しみができるというのは囲碁の魅力そのものといえ、すばらしいの一言。幅広い棋力の人に、長い期間楽しみを与えてくれる問題集になるだろう。

 こういう出題形式が定着し、様々な作家が創作するようになることを希望する。
スポンサーサイト
category
手筋

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/677-a78d8e0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。