発陽新論 詰棋名家名作/孫志剛

クリップボード02
高段者 ☆☆☆☆★
書海出版

 日本ではアマチュア強豪として活躍した中国棋士・孫志剛さんによる詰碁アンソロジー。簡体字だと「发阳新论」。おそらく「囲棋天地」に連載されていたものをまとめたもの。「書虫」などで買える。(こちら
 橋本宇太郎から大橋拓文まで古今東西の詰碁作家の代表作を紹介している。中には塚本恵一、岩田昇二といったアマチュアの詰碁作家も含まれる。情報満載のため問題図と解答が連続していて問題集として取り組むには不適な面があるが、これまでの(日本の)詰碁の歴史を総覧できる貴重な資料である。作品以外にも挿入される詰碁エピソードなども興味深いものが多い。本格的に創作詰碁の世界に足を踏み入れてみたいという人はガイドとして手元に置くとよいかもしれない。
 因みに私は中国語はまったくできないが、漢字からだいたいの意味を取れるのと、多くの場合元ネタを知っているのであまり気にせず楽しめる。だがしっかり読みたければ
 本来なら日本人の手でなすべき仕事だが、それを成し遂げた孫志剛さんに敬意を表します。膨大な量の詰碁集を調べただけでなく、中で紹介されている逸話には詰碁集外のものもあり、その努力は尋常ではない。
スポンサーサイト
category
詰碁集

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/672-bfe7c76c