スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

人間における勝負の研究/米長邦雄



 お隣の将棋の世界とはいえ、稀代の名棋士の勝負哲学は大変読みごたえがある。碁打ちはもちろん将棋や囲碁をしない人でも面白く読めると思う。

 勝負師というのは自分で考え自分で判断・決断し、自分でその結果を引き受けるということ繰り返している。もちろんそれはあらゆる人が直面することだが、勝負の世界に身を置いていればそれがより鮮明になる。なんとなく周りに合わせておくとか、生温い考え方では生き残れない。私は米長九段の考え方にすべては共感できないが、非常に説得力を感じる部分が多いのはここで書かれたことが机上の空論ではなく、現実に鍛え抜かれた知恵であるからだろう。
 本書では敢えて悪手を指すとか、心理作戦の話題も出てくる。これは表面的にはある種の不純さを感じもするが、米長九段が当代きっての名棋士であり、同時代に置いては誰よりも将棋の技術にたけていた一人なのだということを考え合わせれば凄みを感じる。タイトルにもその二文字が含まれるが、勝負とは所詮不完全な知しか持たない人間同士のふるまいの差にすぎないことを冷徹に見つめている。勝負師の精神とは独立不羈であり、真に知的であると感じる。
スポンサーサイト
category
将棋

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/671-a6ca07fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。