スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

筋場理論/依田紀基



中級以上 ☆☆☆★
講談社 野田豊二

 「石場理論」は石の形に関しての考え方を依田九段が体系化したもの。前書きにもあるが、新たな手筋を生み出してのですはなく、これまでなんとなくと教えられていた手筋を、統一理論でまとめたところに値打ちがある。簡単に言えば、筋場とよばれる効率の悪い地点に自分の石が行かないように、そして相手の石が筋場に向かうように打つことで自然と手筋になるという理論だ。
 ただし似たような説明の仕方は、苑田勇一九段の『打っていい場所・悪い場所』(第2章)でされており、完全な新発見かというと微妙な気がする。比較すれば筋場、ダブル筋場などの用語を生み出したところ理論を整理したところが依田九段の功績と言える。
 その点はおいておくとして、手筋読本てはとても優れているので、手筋を基本から学びなおしたいという人にはお奨めの一冊。ただし構成に難があり、説明文と参考図がページをまたぐことがしばしばで、非常に読みにくい。2000円近い本でこれはいただけない。
スポンサーサイト
category
手筋

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/667-95137576

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。