素人と玄人/影山利郎



有段者 ☆☆☆★
日本棋院

 ゴ・スーパーブックス11。昭和45年刊。日本棋院アーカイブ3として復刊されている。
 筆者は当時はアマ(素人本因坊優勝者)からのプロ転向した異色の棋士であった。本書は「シチョウとゲタ」「キリとツギ」「定石の勉強」「愚形・好形」など、ある程度碁を打てるようになった人なら知っていると錯覚する基本の基本を掘り下げて解説している。なんとなく知っている、それなりにできているはずだと思っている基本。基本の基本にひそむプロとアマの違いを、プロでアマでもある(気持ちがわかる)筆者が独自の語り口で解き明かしていくところに、他には無い魅力がある。
 この種の啓蒙書としては『碁は戦術』『碁の戦術』を一番に推すが、本書も十分ヨミ応えのある一冊である。
スポンサーサイト
category
講座

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/617-c51891b3