2間高バサミ定石/島村俊宏

高段者 ☆☆
日本棋院 伊藤敬一 秋本悦士
 
 ゴ・スーパーブックス10。(昭和45年刊行)
 昭和の花形定石・小目の2間高バサミ定石をテーマにした本。現在でも2間高バサミは用いられるが、昭和に流行した形がこれほどことどとく廃れている定石も珍しい。代表としては木谷創案のハサミにコスミで対応する型などは、昭和40年代の碁では毎局のように打たれていた変化だが、今はまったく見なくなっている。その他かなりの大型定石、難解定石もあり、本書ではそれが詳しく解説されているが、現在はほとんど使う機会の無い変化ばかりである。定石マニア以外は特に読む必要を見出せないであろう一冊。
スポンサーサイト
category
定石

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/614-738cadc2