置碁のバイブル/梁宰豪

 

中級以上 ☆☆☆★
東京創元社 洪敏和訳

 上巻が9子から6子、下巻が5子から2子を扱い、各置石での序盤作戦や上手の常套手段に対する打ち方をカタログ的に紹介している。日本棋院の旧『基本置碁事典』小林光一『小林流必勝置碁』など過去にもっと突っ込んだ内容の本があるだけに、「カタログ的に」というのはよくまとまったという褒め言葉の意味と、中途半端だという否定的な意味の半々である。個人的には同じ置き碁本でも徐奉洙『天下四目』などのほうが著者の思い入れや哲学が伝わってくるのでお薦めである。(ただこれは表面的には4子局の本である)
スポンサーサイト
category
置碁

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/608-11647bae