スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

安永一 打碁と評論/安永一



講談社
高段者 ☆☆☆☆

 安永一は事実上坊門の棋士であったが、プロ棋士として手合をすることはなく、囲碁雑誌編集者や囲碁ライター、評論家として活躍した。主役(棋士)として囲碁界を動かしたわけではないが、近代囲碁界の発展を考えるとき安永の存在感は大きい。

 まず碁が強い。本書は基本的には打碁集で、安永の修業時代からの代表作が収められているが、非常に強い。独創的で鋭い安永流を並べていると、この人は並のプロ級ではなく、本腰を入れていれば棋士の中でも一流の域にも手が届いたのではないかと思わせる。
 木谷実と呉清源の「新布石法」は安永の筆で世に出たわけだが、木谷呉の研究の内容対する安永が鋭い洞察力や先見性がなければ歴史的なベストセラーになることもなかったかもしれない。安永は「中国流」布石の生みの親としてもしられ、現代的な先見性には驚かされる。(注、中国流布石の原形は本因坊道策が江戸初期に愛用しているので、安永の完全オリジナルともいえない)

 囲碁に関する深い洞察は、評論家としての安永の活動でも生かされ、本書に収められたものだけでも、ルール問題、マネ碁問題、世界の中での囲碁など、重要な問題取り上げている。

 
スポンサーサイト
category
未分類

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/605-c3cba593

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。