スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ノータイムで打つ一手(上・下)/曺薫鉉 成起昌

 

東京創元社 洪敏和訳
中級以上 ☆☆☆★

 当たり前の筋・形にフォーカスした問題集形式の手筋本。

 囲碁の手筋は広範なもので、特に注目されるのが死活や石取りの場面での華々しい手筋だ。それらの手筋は重要で、しかも見た目にも派手だが、それだけで囲碁を上手に打てるわけではない。
 相手に石をツケられたときにどう受けるか?相手に石を追われたときにどんな形で頭を出すか。弱そうな石を補強するとしてどんな形がよいか。何気ない場面でも常に筋・形が重要で、所謂「普通の打ち方をする」とは、実は「普通に手筋を使う」という意味で、案外難しい。
 こういうものが身についているかどうかは大変な違いで、それは検討などをしていても差が出る。基本の筋・形が身についている人とは一つの想定手順がスムーズに作成され、すぐにその内容についての検討に入れる。しかし基本が無いと、いちいち手を修正しなければなならない(そこはハネではなく引きでしょう、そこは逆のカケツギでしょう・・・等など)ので想定図を作ることさえ困難になる。
 
 この本で取り上げられている図の数々は、囲碁を教えている人間からすると当たり前のように打ってほしいものばかりで、重要な基本が網羅されている。タイトルの「ノータイムで打ちたい」というのが重要で、不正解の場合はもちろん、考えてやっと正解だった場合も要注意。解説をよく読み、反復練習が必要だろう。
 
スポンサーサイト
category
手筋

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/604-1d0fe4c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。