横田茂昭の白番は楽しい/横田茂昭



NHK出版/松浦孝仁
上級以上 ☆☆☆★

 一般にアマは、攻めよりもサバキが、黒番より白番が苦手な傾向にあると言われる。囲碁を教えていてなぜそうなるのかとよく考えるが、結局黒番や攻めは自分の利益を最大化する(俗っぽく言えば欲張る)ことが比較的有効に働くので、あまり深く考えずに積極的にいっても失敗しにくい。それに対して白番やサバキは、分をわきまえるというか、効率を考えて打つのが大事で、力任せに行くのはまずよくないので、そこが難しいのである。一生懸命頑張っていることこそが失敗の最大の原因なんてこともしばしばだ。
 
 本書は白番の打ち方の「考え方」や「発想」が効果的なキーワードとともに平易で明解な図で解説されている。白番が苦手な人の一番の病根である「力み」をスマートな考え方でほぐしてくれる良書ではないかと思う。
スポンサーサイト
category
序盤

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/569-c972304a