昭和の名局3 覇者への大道/林海峰



日本棋院/村上明
有段以上 ☆☆☆★

 本巻は呉清源の末期、高川の本因坊9連覇、タイトル王坂田の全盛期、そしてそれを崩した林海峰の登場と言った内容。
 いずれも昭和囲碁史の重要場面だが、少し坂田時代の扱いが小さくはないかと疑問。もう少し紙巾を割いてもよかったのではないか。
スポンサーサイト
category
昭和(打碁集)
tag
打碁集
☆☆☆★

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/554-047bf4b2