スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

山下流戦いの感覚/山下敬吾



棋苑図書/
有段者 ☆☆☆

 山下敬吾九段の打碁から、出題形式で戦いのテクニックや考え方を解説している。題材は昨年の第66期本因坊戦、第36期名人戦の挑戦手合全局で、1局から何題か出題される。それらを読み進めれば終局までカバーできるので事実上打碁集と言ってもよいかもしれない。両シリーズとも難解な碁なかりだったので、非常に面白い内容となっている。

 なかなかよい本と思うが、ここまで作るのなら正統的な打碁集として出版してほしかった。もしくは、こういう形式でもよいので各局に総譜をしっかりつけてほしかった。よい題材を使っている本、面白い企画の本であると思うので、余計に惜しまれる。
スポンサーサイト
category
中盤
tag
☆☆☆

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/550-9f26a17b

新刊棋書情報「山下流 戦いの感覚」

「山下流 戦いの感覚」という本が棋苑図書から出ている。 昨年の第66期本因坊戦と第36期名人戦、全13局を題材に、 「アマチュアの参考になりそうな局面」を次の一手形式で出題。 問題を通して「戦いの感覚」に触れるという内容。 テーマ図に取り上げられた局面については...
  • 2012⁄05⁄08(火)
  • 22:36
  • 対局日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。