スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ケイマの両アタリ/先崎学



NHK出版/
☆☆☆☆

 将棋の先崎学八段のエッセー。NHK囲碁講座に連載していたもの。副題は「先ちゃんの囲碁放浪記」。

 先崎八段は筆が立つので連載時から楽しく読んでいた。(ほとんど立ち読みだったが)

 話題は先崎八段の周辺の囲碁の話が中心で内容は様々だが、将棋棋士としてある意味ボードゲームの真髄を知っていると同時に、囲碁では基本的には素人という微妙な立ち位置から書かれていることが非常に面白い。将棋棋士は囲碁を打たせても非凡であったり、上達するためにはどう訓練すべきかを(類似の経験があるだけに)よく知っている。その点では一般のファンよりも確実に上にいる。しかしそうは言っても趣味であり単なるアマチュアでもあるから、一般の囲碁愛好家と同じような悩みや心情も抱いている。先崎八段の筆はそのあたりの機微を実に生き生きと描いており、読んでいて実に楽しい。
 
スポンサーサイト
category
読み物/文芸
tag
☆☆☆☆

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/548-1e30a23a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。