スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲棋天地 23(2011)

Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第16回三星杯 準決勝第1・2局 古力VS羅玄
第36期日本棋聖戦挑戦者決定戦 井山裕太VS高尾紳路
第55期韓国国手戦挑戦手合5番勝負 崔哲瀚VS趙漢乗(第5局詳報、1~4局はダイジェスト)

◎連載など

 計算と感覚69
 我的嘗試(尹航)
 名家名手(古力編)⑩
 実戦常形⑱
 計算と評価30

 感想は続きで。
 


 古力VS羅玄は基本的には古力の快勝。古力の攻勢に立ったときの強さが目立つ。
 中国雑誌で日本の碁を並べるのは何とも変な気持ちだが、棋聖戦の挑戦者決定戦は実に面白い内容。
 韓国国手戦は趙漢乗が勝利。彼の碁は好きなのでうれしい。趙漢乗や先日世界戦優勝の元晟湊は、李昌鎬、李世石、崔哲瀚、朴永訓といったところに抑えられてきて、強いのにいい思いをしていない感があるが、最近はいい味を出している。

 他に全国マインドスポーツ大会(?)の報告もあった。
スポンサーサイト
category
雑誌時評
tag
中国
雑誌

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/515-719c1bfb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。