スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

武宮正樹の二、三子局/囲碁編集部



誠文堂新光社/相場一宏
有段者 ☆☆☆★

 基本的にはこちらと同じようなスタイルの本。武宮九段のものばかりを集めたものということ。

 武宮九段は、『武宮の白番』で有名なように、石の勢力に敏感で柔らかな石使いに定評がある。地取りに拘泥せずに、自然に石をさばくうちに碁がまとまってゆく美しさを見ると、自然流の自賛も頷ける。
 その魅力は置碁における下手ごなしにも発揮される。置かせて打てば自然辛くなりそうなものだが、あくまで手厚く構えて自然な流れで追い込むところが圧巻である。

 本書で残念なのは大風呂敷・大模様などを強調して武宮九段の新の魅力をかえって覆い隠す感があるところである。

スポンサーサイト
category
打碁集
tag
武宮正樹
置碁

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/513-01540ab7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。