スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

現代囲碁大系32 工藤紀夫高木祥一/工藤紀夫高木祥一



講談社/勝本哲州
有段者 ☆☆☆ 

 工藤紀夫九段の打碁を20局、高木祥一九段の打碁を10局収録している。ライターは工藤九段の師匠筋でもある勝本哲州。

 工藤九段は竹林世代で、その二人と三羽烏(石田加藤武宮)、趙小林といった黄金世代の猛威をもろにかぶったことになる。獲得タイトルは王座と平成に入ってからの天元と数は少ないが、むしろこの世代でひとつでもタイトルを獲得できたことを評価すべきだろう。
 少年時代の工藤九段は力戦・悪力の雄だった。この碁でも影山利郎五段との一戦はその代表作。しかし力戦だけでは壁にぶつかり、手厚く打ち進め終盤に力を発揮する棋風に脱皮して一流棋士の仲間入りをする。その成長の過程が師匠の目から書かれており、興味深い。
 対戦相手は上記の7名が多く、林海峰+木谷門の時代を裏側から眺めているような気分にもなる。

 高木九段は今や解説者としての声望のほうが高いかもしれないが、プロ棋士の中では評価の高い実力派である。棋風がよく出た攻撃的な好局が揃っている。
スポンサーサイト
category
昭和(打碁集)
tag
打碁集
現代囲碁大系
工藤紀夫
高木祥一

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/503-99733637

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。