スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲棋天地 19(2011)

Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第13回桐山杯決勝 陳耀VS朴文尭
2011甲級リーグ 李VS古力
第7回中国囲棋争覇戦 周睿羊VS王激
第9回建橋杯準決勝 宋容慧VS張旋

 第36期名人戦7番勝負第1局 山下敬吾VS井山裕太
 第36期碁聖戦5番勝負第5局 坂井秀至VS羽根直樹
 第37期棋聖戦予選 孫VS武宮正樹
 第37期天元戦挑戦者決定戦 王銘エンVS井山裕太

 マインドゲームズ予選 朴延桓VS金志錫
            李映九VS姜東潤
 第5回GSカルテックス杯 曹薫鉉VS李瑟娥
 第55期国手戦挑戦者決定3番勝負第1局 趙漢乗VS元晟湊

◎連載など

 計算と感覚67
 坂田妙手録21
 我的嘗試(尹航)
 名家名手⑧ 古力編
 実戦常形⑭
 計算と評価26

 感想は続きで。


 今月は棋譜が多いので盛りだくさん。(総譜掲載が多いが)

 今年の日本の桐山杯は井山名人が優勝しているが、中国側の決勝が掲載されている。陳耀が出てくれば同世代対決となったが、朴文尭が勝利し日中決戦に出場を決めた。陳耀は16歳で世界戦決勝進出したことを考えると伸び悩みの感がある。露骨な実利作戦は持ち味で今も変わらないが、それがいいのかどうか。陳耀は周睿羊、檀嘯ら同世代と中国等級ランキング上位を席巻しているが、本当に彼らが中国の真のベスト3なのかは少し疑問。ランキングの計算方法を含め、少し課題があるかもしれない。

 甲級リーグの李VS古力は3コウ無勝負。再戦の棋譜もそうだが、凄まじインファイトに終始しており眼がくらむ。

 若手ばかりが活躍している中、張旋さんの奮闘は素晴らしい。
スポンサーサイト
category
雑誌時評
tag
雑誌
中国

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/498-5a2ce291

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。