碁の教科書1 布石の打ち方/石倉昇



日本囲碁連盟/
上級以上☆☆☆★

・目次
 第1章 三連星と二連星
 第2章 小林流と三々入り対策
 第3章 大場と急場の発見法
 第4章 布石その後
 第5章 両ガカリの打ち方とその対策
 第6章 足早実利戦法

 6巻シリーズの第1巻。序盤の打ち方をテーマとしている。
 各章がさらにテーマ図に分割され、各テーマ図に数図の解説が付いている。各章末には練習問題(関連問題)が配置されている。
 初2段くらいの人にとってよい教科書といえるだろが、上級者でも理解できるところは多いだろう。

 本巻、本シリーズに限ったことではないが、石倉本の優れたところは、取り上げるテーマ選択がうまいのと、解説(解答)図の分かりやすさである。適当にチョイスされたテーマ図を学ぶことによって、実践的な知識を得ながら碁の根本な考え方を学べるのが効果的なことである。

 ◎碁の教科書シリーズ

 第1巻 布石の打ち方/石倉昇
 第2巻 定石の使い方/石倉昇
 第3巻 序盤の作戦/石倉昇
 第4巻 攻めの法則/石倉昇
 第5巻 サバキの実戦活用法/石倉昇
 第6巻 打ち込みと接近戦/石倉昇
スポンサーサイト
category
講座
tag
石倉昇
布石

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/489-a0a7ca06