スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲棋天地 15(2011)

Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第13回桐山杯1回戦 古力VS謝赫
第13回桐山杯8強戦 孔傑VS柁嘉熹
第24回名人戦準決勝 常昊VS李
第7回百霊杯 宋容慧VS曹大元

第36期碁聖戦 坂井秀至VS羽根直樹(総譜解説)
第37期名人戦 王銘エンVS大竹英雄(総譜解説)
第13回農心杯予選 李映九VS李昌鎬(総譜解説)
第16回GSカルテクス杯 趙漢乗VS朴永訓(総譜解説)

◎連載など

 計算と感覚65
 坂田妙手録⑰ 
 詰棋新作⑪(孫志剛)
 我的嘗試(尹航)
 実戦常形⑩
 計算と評価22
 中国的碁⑯日中交流 下(安永一)

 感想は続きで。


 中国のアマ選手のランキングが掲載されているのだが、いかんせんなじみがなくてよくわからない。
 世界アマ2回の優勝を誇る胡清さんが1位。今年の世界チャンプ白宝祥さんが2位。李岱春さん(第23回世界アマ優勝)が9位、孫宜国さん(第15回優勝)が17位、付利さん(第24回大会優勝、第25回大会3位)が37位となっている。

 今回は国内棋戦が中心となった。
 名人戦は孔傑と李で挑戦者決定戦となった。李と常昊の準決勝の模様が詳報されているが、いつもながらの激選である。最後はコウの振り替わり具合で決着。孔傑と江維傑との5番勝負を見たいので、決勝は孔傑を応援しよう。

 桐山杯から2局。古力謝赫戦は、古力が黒番3連星。左辺での黒石のサバキから戦機を捉えた古力が優位に立ったかに思われたが混戦に。そして謝赫が勝負所(攻め合い)でうまいタイミングでの切り込みを放って勝利を決めた。
 8強戦の孔傑柁嘉熹戦は、孔傑の快勝に見える。模様に侵入してきた相手の石を攻め倒した。
 
スポンサーサイト
category
雑誌時評
tag
中国
雑誌

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/481-b6620ab3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。