スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲棋天地 14(2011)

Fujisan.co.jpで購読

◎棋譜関係

第8回春蘭杯決勝3番勝負第3局 謝赫VS李世石
半廷甲級リーグ9連勝特集
第16回GSカルテックス杯8強戦 朴延桓VS金志錫

筋和形―実戦官子賞析


◎連載など

 坂田妙手録⑯ 
 詰棋新作⑩(孫志剛)
 我的嘗試(尹航)
 実戦常形⑨
 計算と評価21
 中国的碁⑯日中交流 中(安永一)

 感想は続きで。


 春蘭杯の決勝局は、前局(第2局)に出現した新型が再現され話題を呼んだ。その変化の解説が興味深い。黒が大優勢に見えたが、それがあっさりひっくり返るのが恐ろしいところ。どんな劣勢も跳ね返す李世石は恐ろしく強いという印象と同時に、かなり簡単に劣勢に陥るという面もあり、なんだかか評価が難しい。

 朴延桓VS金志錫ははっきり言って凡戦に思う。布石で終わっており、そのまま押し切られている。

 半廷の9連勝特集は面白かった。すべで送付で掲載されており、ハイライト数図と参考図でポイント解説されている。味わいや技巧とは無縁だが、強烈な戦闘力が印象的である。個人的にはあまりの強烈さにちょっと当てられてしまった感じだ。
スポンサーサイト
category
雑誌時評
tag
中国
雑誌

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/476-7e6539c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。