スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

基本手筋事典/山下敬吾




日本棋院/青木勝
有段以上 ☆☆☆☆

 33年ぶりに基本手筋事典が改定された。旧版は藤沢秀行による上下2巻で、賛否両論あるところだが手筋という言葉を最大限広義に扱った(布石や死活の範囲もカバーしていた)意欲作であった。それに比して今回はオーソドックスな手筋事典といえるだろう。

 攻め、守りの2部に分け、その中を合計22の項目に分類してある。『活碁新評』などから取ったものなど、旧版からの共通の図も多いが、分類方法が大分変ったので編成はずいぶん変わった。参考譜も山下敬吾九段のものを中心に中韓を含めた現代棋士の棋譜が使われており、まさに一新されている。600ページを越えるボリュームと豊富な図は基本事典の名に恥じないものである。

 考えが自然に手筋に至れば上手だが、なかなかそうはいかぬもの。逆に手筋こそ書籍などで学ぶべきもので、本書を熟読玩味すれば上達は間違いない。そこまでいかなくても、適当なページを気の向くまま読み流しても十分に囲碁の深遠さと楽しさを垣間見せてくれる一冊で、上達に資するところも大であろう。
スポンサーサイト
category
事典

Comment

早っ!

発売したばかりなのに、
レビュー早いですね!

私はまだ旧版の上巻すら終わってません。
  • 2011⁄06⁄24(金)
  • 00:20
  • [edit]

斜め読み

もうものすごいスピードで斜め読みですよ(^^;
  • 2011⁄06⁄24(金)
  • 01:36

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/470-4de9f750

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。