スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

はじめて打つ碁/趙治勲

はじめて打つ碁


入門 ☆☆☆☆★
筑摩書房/

 すくなくとも中学生以上の入門に最適な本。
 趙治君はいろいろな意味で天才だと感じる。趙治勲推奨のミニ碁盤を使って、丁寧に囲碁の基本の基本を解説してある。ミニ碁盤オンリーで囲碁入門書を書くというコンセプトが斬新だった。
 近くに指導者がいない場合はこのような本が非常に参考になるはずである。小学校低学年などを除き、ある程度理解力のある読者を想定するなら最良の入門書と思う。姉妹編、「おぼえたての碁」もあわせて読むとよい。
 もう入門が過ぎた人も、余裕があったら一度読むとよい。なんとなく分かったで過ぎてきたことを、改めに見直すことができるはず。内容としては入門だが、「基本」を馬鹿にできないと実感するはず。簡単に書かれてはいるが基本の基本をしっかり押さえた本書は、単なる入門書の域を超えた名著である。
スポンサーサイト
category
入門

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/45-a234e0cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。