ヒカルの碁勝利学/石倉昇

 

集英社
囲碁を知らない人でも ☆☆☆☆

 タイトルがいかにも内容のなさそうなものだが、囲碁や勝負、そして石倉九段の囲碁人生などを、「ヒカルの碁」と話を絡めながら上手に紹介している。豊富な引用カットが特徴である。囲碁を知らない人にでもわかるように配慮して記述されている。個人的には石倉昇九段の囲碁の歩みを語った部分が面白かった。

 囲碁を覚えたての人に勧めてみるとよい1冊だろう。入門時に大切なのは、技術を習得することはもちろんだが、それ以上に囲碁や囲碁の世界の魅力を知って強い興味を育てることも大事だ。本書はその一助となるだろう。
スポンサーサイト
category
読み物/文芸

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/441-50fb4074