スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

黒と白の殺意/水原秀策



宝島社 ☆☆★

 「殺し屋」の異名を持つ棋士椎名弓彦が、協会理事の殺人事件を解決するというストーリー。囲碁界のことを一通り取材してあるらしく、藤沢秀行ぽい師匠が登場したり、主人公が殺し屋というニックネームだったりする。
 それなりのなぞ解きはあり、囲碁界に関してもそれなりに調べてあるが、囲碁(ボードゲーム)そのものに対する理解というものが足りず、底の浅い作品となっているのは残念だ。そういう点では『猫を抱いて象と泳ぐ』などには遠く及ばない。囲碁をモチーフにした数少ない作品の一つだけに惜しまれる。
スポンサーサイト
category
読み物/文芸

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/426-fd10a24f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。