スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

名局鑑賞室/大平修三



日本棋院/小堀啓爾
高段者 ☆☆☆☆

 かつての名著が日本棋院アーカイブとして復活した。
 ゴ・スーパーブックスシリーズの1冊であったので、旧版は新書サイズ。サイズが大きくなった分見やすくなった。打碁集は大きめ、詰碁集は小さめのサイズがいいというのが持論。

 古典の名局を10局、詳細に解説している。なかなか歯切れのよい解説で非常に面白い。「耳赤の一局」の評価や、当世極妙碁の読み切り伝説の否定、秀和幻庵戦の持ち込みを見損じと断定するなど、なにごともきっぱり言い切っているとことに好感を持つ。大平先生は解説でも剛腕である。

 メイン10局に参考譜(総譜)10局で古碁のいいところはほぼ見られるので、古碁入門者には手軽な1冊だろう。古碁の世界ははまりだすと一生ものだけに、地獄の門かもしれない!
スポンサーサイト
category
古典(打碁集)

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/401-f73d2af0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。