六段挑戦の詰碁/石榑郁郎

六段挑戦の詰碁   

高段者 ☆☆☆☆
棋苑図書/

 現役の詰碁作家では現在屈指の存在である石榑郁郎九段の詰碁集。残念ながら品切れ中。これだけの内容で1000円以下。それでもすぐ絶版になるところに詰碁本の厳しい現状を感じざるを得ない。
 この本は比較的易しめだが、石榑九段らしい山椒は小粒でも的な名品が多い。石榑詰碁入門には最適の一冊。
スポンサーサイト
category
詰碁集
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

まだ販売中ですよ

この本はまだ新刊がどんどん出ているシリーズの中の一冊なので当分絶版にはならないでしょう。
危ないということなら誠文堂新光社のさわやか・しなやか詰碁の方がそろそろ心配ですね。
初版からある程度経ている上に著者が亡くなってしまいましたから・・・。
こちらでのレビューも楽しみにしています。
  • 2006⁄12⁄29(金)
  • 00:29
  • [edit]

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/4-f9adc955

六段挑戦の詰碁(棋書評)

「六段挑戦の詰碁」(棋苑図書:石榑郁郎著)石榑プロのオリジナル詰碁集(だと思う)。タイトルで読者を減らしている本。他でも書かれているが、実際はタイトルから受ける印象ほどには難しくなく、段持ち程度で十分。「六段に挑戦するには、これくらいは2、3分で全問解きた
  • 2007⁄01⁄29(月)
  • 23:55
  • 対局日誌