スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

傑作詰碁事典/関山利一、利夫、利通



誠文堂新光社/山下智道
有段者 ☆☆☆☆★

 名著ながら手に入りにくくなっていた『傑作詰碁事典』が増補されて返って来た。
 もともと本書は、健康上の理由から早すぎる引退をせざるを得なかったタイトル制初代本因坊・関山利一(利仙)の残した膨大な詰碁群から、息子利夫九段がえりすぐりのものを1冊にまとめたものである。今回の改訂版はさらに問題数が増えている。初期のもには利夫九段の作品が含まれているのと同様、今回の改訂版には利道九段の作品もあるという。

 関山詰碁の特色はこくである。本書はC級のやさしいものから超A級の難解なものまで難易度はいろいろだが、共通しているのは「受けの妙手」の多さである。C級などでも「ああ、あの筋か、簡単だ」と安易にページをめくると、さらにもうひとひねりした解答図に出くわすということもしばしばである。より深く読むこと。安易に決めつけないこと。そのことを痛感させられる問題が多く、そこに悲劇の名棋士関山利一の囲碁への深い理解と愛情を感じる。事典なだけに高価だが、充分にその価値がある一冊である。

 blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト
category
詰碁集

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/391-cfc01be5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。