小林流必勝置碁/小林光一



ユージン伝/中山典之
上級~有段 ☆☆☆☆★

 新書版で手軽な体裁、値段で打っていたシリーズだが、名著である。
 小林光一九段の著作全般に言えることだが、善悪の判断が明快でわかりやすい。中山典之の筆もいい。
 各巻ともに、小林九段が考える必勝の打ち方が紹介され、巻末に何局か置碁の名局が収録されている。
 もちろん講座もよいのだが、この巻末の名局集が選もいいし解説もわかりやすいのでお薦めである。個人的には後半部分だけ何回読み返したかわからない。このシリーズは黒番の立場で必勝法を紹介するというものだが、この置碁名局集では名人クラスの下手ごなしのテクニックが鑑賞できて、自分が置かせる立場にある人にも興味深い内容だ。特に四子(リンクがないが)、五子が面白く、四子では丈和の下手いじめ、五子では呉清源対鈴木圭三などという珍しい名局が収録されている。

 ネット碁の普及で互先で打つ相手の困らなくなった面はあるかと思うが、囲碁をやるうえで置いたり置かせたりすることは避けられないことが多い。置くのがいや、置かれるのがいやというひともいると思うが、置碁には置碁の魅力があることを知れば囲碁がもっと楽しくなるであろう。




スポンサーサイト
category
置碁

Comment

二子局、三子局、四子局と3冊持っていましたが、名局集があったとはまったく記憶していませんでした。
四子、五子が面白いとのことでしたので、早速五子の本を買い求めました。
道策の五子局にはたまげました。目の醒めるような手筋の連発ですね。
小林光一九段がはしがきに、四子と五子は「白にも作戦の余地が生じて置碁らしい置碁が楽しめます」と書かれていましたが、私も置かせて楽しめるように感じられるようになりたいものです。
  • 2010⁄01⁄17(日)
  • 22:17

 ブログの記事もよみました。
 結構面白いですよね、置碁も。名人同士の互先はともすると水面下の戦いに終始しますが、少しは実力差のある置碁ですと大技の出現率も高くなり、独自の面白さがあります。ぜひこれを機会に置かせてこなす技を磨いてみてください。
  • 2010⁄01⁄18(月)
  • 14:24

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/369-83fa8e99

中山典之伝説

昨日の小西先生の記事でちょっと触れた中山典之先生。 1年前のご訃報の際の自分の記事を探したのだけれどみつからず。 当然、触れないはずはないので不思議だったが、 ちょうど1年前ということで、触れられない時期だったことに気がついた。 当時、猿十番碁を延期しても...
  • 2011⁄02⁄17(木)
  • 21:59
  • 対局日誌

【手合いは?】「大垣会チャリティー碁会」に行ってきた【2】

(つづき) 早起きした結果、八重洲のセンターには開場直後に到着。 13時の碁会まで、一般対局室で打っていようと思っていたのですが、 受付で申し込みをすると話が通じません。 よく聞けば今回のイベントはあくまで「大垣会」の主催なので、 棋院では受付はしていない...
  • 2011⁄04⁄17(日)
  • 23:34
  • 対局日誌