囲碁界の母・喜多文子/中山典之



日本棋院
囲碁ファン ☆☆☆☆★

 女流棋士の草分け喜多文子と女流棋士の歴史をまとめた一冊。
 明治大正昭和というのは、江戸時代の家元制度が崩壊したあと、そこから日本棋院が成立するまで、「棋士」という職業が社会に認められるための戦いの歴史でもあった。ましてや女流棋士となると、なおさら困難な道であった。ネタばれになるので深く追及しないが、喜多文子は女流のみならず「囲碁界の母」としても大きな構成を残した。

 非常に感動的な1冊なので、ぜひ読んでいただきたい一冊である。
 日本棋院も、入段した棋士に棋院の歴史をしっかり教育すべきだと思う。
スポンサーサイト
category
読み物/文芸

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/362-a399a114