スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【特別企画】初段以後のテキスト2

(2) 棋譜・布石

 棋譜並べは野球で言うと素振りの様なもので、詰碁とならんで囲碁の2大基礎練習である。
 一般的に年齢・棋力が低いほど詰碁の割合を増やした方がいいが、棋譜並べも早めから親しんでおくにこしたことはない。またある程度棋力や知力が成熟してくれば、棋譜並べは非常に楽しいものでもある。

 基本布石事典【上下】/依田紀基

 本書のまえがきにもあるように、まずはプロの棋譜の序盤40~50手を並べることが大事である。すべて並べるのは立派なことだが、負荷が大きすぎると続かなかったり、集中力が落ちて吸収が悪くなる逆効果も。無理をしないことだ。
 この本は模範布石例、類似のプロの実戦例ともに50手程度に収まり、しかも譜分けしてあるので並べやすい。毎日1局などと決めて取り組むとよいと思う。

 たまに一度並べさせた後に本を閉じて並べ返せるかテストするとよい。石の姿が見えるようになると、一度並べただけでもすらすら並べ返せるものである。

 囲碁雑誌
 例)


 囲碁年鑑
 例)韓国囲碁年鑑2007/国際囲碁大学

 囲碁雑誌は、棋譜に限らず情報源なので、気に入ったものを一種類ぐらいは定期購読するとよい。雑誌にはタイトル戦など棋譜解説があり、終局まで掲載されているのでよい教材になる。

 毎年日本棋院から出版されている囲碁年鑑や、最近は翻訳版の出ている韓国囲碁年鑑は、本格的に棋譜並べするためにの基礎教材となる。300局程度は収録されておりボリュームは十分。

 取り組む目安としては、上記の布石事典の並べ返しがすらすらいくこと、高段者に手が届く(高段者になりたいという意欲がある)こと。雑誌の方が譜分けされ見やすいので、雑誌で終局まで並べるのに慣れてから年鑑系にすすむのがよいか。


 打碁集

 棋譜並べを効果的に行う方法として、特定の棋士を集中して並べるという方法がある。一流棋士にはそれぞれ独自の囲碁観があり、続け並べてみて初めて感じとれるところもあるからだ。
 どんな棋士を並べるのがいいかといわれれば、ずばり「好きな棋士」だろう。あこがれを持ってならべると吸収力がちがう。

 普段少しずつ棋譜並べしていると好きな棋士、興味のある棋士がでてくるもの。そうしたらその棋士の打碁集を探してみるといい。
 
 
スポンサーサイト
category
お薦め

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009⁄12⁄03(木)
  • 06:10

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/357-7f46ff9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。