簡明二・三子局の布石/武宮正樹

簡明二・三子局の布石


有段者~高段者 ☆☆☆☆★
誠文堂新光社/相場一宏

 かなり古い本だがいまだに購入できる。地味な本だが名著といってよい。
 武宮九段というと、豪快な大模様(宇宙流)というイメージが強いが、実は非常に棋理に明るく繊細なセンスの良さが魅力である。この本では2子局・3子局の打ち方を解説しているが、武宮九段の布石センスのよさや大局観の明るさが伝わってくる。単に置碁本という範疇を超えた名著である。
 基本的に黒番の打ち方を解説しているが、白の着手の意図などにも言及しており、その点でも参考になる。
スポンサーサイト
category
置碁

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/28-bff5bbf2