スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

打碁鑑賞シリーズ/日本棋院

 日本棋院から出版された打碁集シリーズ。文庫版でお手軽路線を走った。
※『王立誠』は書評を書いたつもりでいたが記事なし。そのうちに読み返してアップします。

 『名局細解』に似て、1譜あたりの手数を押さえて、読みやすさを追求している。従って一冊に収録されているのは5局程度である。巻末に棋士評や参考譜を織り込むなど、それなりに楽しめる工夫はこらしてある。
 ただ1冊5局程度では、その棋士の棋歴や棋風をすべて描ききれるものではなく、あくまでもビギナー用の打碁集という域を出ない。ベテラン人気棋士になると、選考する打碁集がいくつもあるために、新味を出すための選局にかなり苦心しているものもある。
 旧四天王(片岡、覚、王立、山城)はコンプリートしているが、木谷三羽烏(加藤欠)、竹林(大竹欠)、新四天王(山下、高尾欠)などが網羅されておらず、中途半端なのも気になる。工藤九段、淡路九段、宮沢九段などのように実力者ながらあまり打碁が知られてない棋士を取り上げているのは貴重。どうせなら石田章、王銘エンあたりも出してほしかった。

 シリーズ最高傑作は『宮沢吾朗』だが、あまりにマニアックな内容過ぎて、かえってシリーズに終止符を打つことになったのかもしれない。

1 『片岡聡』
2 『小林覚』
3 『工藤紀夫』
4 『林海峰』
5 『武宮正樹』
6 『石田芳夫』
7 『張栩』  
8 『王立誠』
9 『羽根直樹』
10 『山城宏』 
11 『淡路修三』
12 『宮沢吾朗』
スポンサーサイト
category
シリーズ
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/260-ebb7fefa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。