スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

現代花形棋士名局選〈別巻 1〉小林光一/小林光一



日本棋院/村上明
高段者 ☆☆☆☆

 小林光一九段の打碁集。
 初のビックタイトル天元獲得までの道のりをまとめている。三冠時代(棋聖8連覇、名人7連覇、碁聖6連覇)以前のもので、残念ながら全盛期の小林光一の姿をみることはできない。しかし逆にそれが魅力でもある。
 全盛時代の小林光一といえば実利優先、ドライな実戦的手法、相場観と決め打ち、勝ち碁を勝ちきるうまさといった言葉が出てくる。しかしそれは頂点を極めるために棋風改造をしたあとの小林光一の姿。それ以前は梶原武雄に影響をうけた外回りの碁を打っていた。非常に挑戦的であり、求道的な小林光一九段の若々しい姿が見られる。青春の譜である。
スポンサーサイト
category
昭和(打碁集)
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/256-5eacb1a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。