スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

プロ棋士の思考術/依田紀基



PHP研究所/
囲碁ファン ☆☆☆☆★

 紹介文などを読むと、天才棋士の思考法を解説したハウツーものと受け取られてしまいそうだが、そうではない。
 この本の特徴の一つは、自分の碁を語るには自分の人生を正直に語らねばならないとして、これまでの反省を赤裸々に著している点である。落ちこぼれだった小学生時代。囲碁にのめりこみ腕を磨いた修行時代。酒や賭け事に溺れた青年期。そしてどん底から脱出してのタイトル獲得。愚かしくもドラマチックな生き方は、良くも悪くも印象的である。
 もう一点興味深いのは、棋力というものが頭の良さや知識というものによるのではなく、最終的には心のありようにあうると説く点にある。囲碁研究は、論理的な思考とその結論(知識)の集積で、いわば理詰め理詰めの世界である。しかし、おそらく囲碁にうち込んだことがあるひとなら誰しも感じることだが、人間と人間が盤を挟んで対峙するとき、理を越えた何かが勝負を分かつことがあるのである。勝負師として修羅場をくぐってきた著者の論は非常に説得力があり、興味深い。

 囲碁に打ち込むこと、囲碁にのめりこむことの「深さ」を感じる一冊。囲碁を打つことは生きることなのだ。

スポンサーサイト
category
読み物/文芸
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/240-03025592

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。