スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

土田九段 囲碁”笑劇場”/土田正光



岐阜新聞社/
囲碁ファン ☆☆☆★

 中部総本部所属、土田正光九段の自伝的な囲碁読本。タイトルから想像できる通り、かなりくだけた気楽な語り口で、気軽に読める一冊である。
 土田九段によると、棋士(対局で生活するトーナメントプロ)、先生(囲碁を教えるひと)、碁席主、ブローカー(囲碁の利権で生活を立てる人)と、囲碁に関わる4つの職業を全てを経験した稀有な人であるらしい。囲碁を生業にするということがどういうことかよくわかるので、棋士の生活に興味のある人は必読。ブローカーの章は、かなりどろどろしていてこんなこと書いていいのかとも思う。

 これまで土田九段に関して余り知らなかったのだが、かなり強い棋士であることがわかった。人それぞれ人生にドはラマがあり面白い。
スポンサーサイト
category
読み物/文芸
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/234-1d310166

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。