キミオのおもろい詰碁道場/山田規三生



日本棋院/中村智佳子
有段者 ☆☆☆☆★

 山田規三生九段の詰碁集。
 第1章が基本死活、第2章が基本型から発展したシンプルな基本詰碁、第3章は難解な創作詰碁という構成。コラムなどを充実させていて、詰碁が苦手なひとを厭きさせない工夫も見られる。
 第2章からして基本手筋を身につけていない人にとってはかなり難しく感じるのではないか。死にそうな死ななそうな。手広くていろいろなことが考えられるシンプルな基本詰碁。そういったものは解くほうも案外苦戦するのかもしれないが、創作するほうも非常な苦心があるはず。山田九段もここにはこだわりがあるらしく、はしがきに「やさしく、シンプルな問題の方が創作は難しいものです」と苦心のほどを書いている。
 棋苑図書の3部作も含め、山田九段のシンプル詰碁は非常にレベルが高く、有益で、面白いので是非購入してください。


参考
山田の詰碁三部作『基本の詰碁』『高速攻めの詰碁』『三段突破の詰碁』
スポンサーサイト
category
詰碁集
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

3部作は

誠文堂でなく棋苑図書ですね。
  • 2008⁄06⁄28(土)
  • 09:27

 そうですね。オオボケでした。ありがとうございます。
  • 2008⁄06⁄28(土)
  • 19:06

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/231-d2191ff5

【手合いは?】「大垣会チャリティー碁会」に行ってきた【2】

(つづき) 早起きした結果、八重洲のセンターには開場直後に到着。 13時の碁会まで、一般対局室で打っていようと思っていたのですが、 受付で申し込みをすると話が通じません。 よく聞けば今回のイベントはあくまで「大垣会」の主催なので、 棋院では受付はしていない...
  • 2011⁄04⁄17(日)
  • 23:33
  • 対局日誌