手筋事典(上中下)/瀬越憲作



誠文堂新光社/
有段者 ☆☆☆☆★

 名著(上下)を再編集したもの。『碁の力を強くする本』と重複するものも多い。

 手筋は知らないと打てないもの。詰碁も手筋の勉強だが、目を作る/潰す手筋に限定されてしまう。シチョウやゲタ(石を取る手筋)、連絡切断、整形など囲碁の手筋はもっと広い。この本はあらゆる手筋を網羅したといっても言い過ぎでないほどの内容で、お薦めである。
 事典なので、「オキ」「ワリコミ」などと手筋の種類ごとに分類されており、問題集として取り組むにはやや難点があるかもしれない。もっともそう堅苦しく取り組まなくても解答を鑑賞するだけでも楽しいし、勉強になるだろう。
スポンサーサイト
category
手筋
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

古いほうですが、手筋辞典を毎日やり始めました!すごくいいですね。強くなれることを信じています^^
  • 2009⁄06⁄14(日)
  • 04:07

Re: タイトルなし

 手筋を学ぶのは面白いですよね。
 レギュラー目指して頑張ってください!
  • 2009⁄06⁄15(月)
  • 09:58

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/229-2f9f0c3f