スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

発陽論/井上因碩



平凡社/
高段者 ☆☆☆☆☆

 本書は「不断桜」の異名を取り、井上因碩(四世、道節、名人因碩)の著作。江戸時代は門外不出の幻の作物集だった。史上最高の詰碁集といっても過言ではなく、その高度すぎる内容はアマチュアには到底手が出ないほどのもの。ほとんどの人間にとっては観賞用であるが、答えを並べてみるだけでも驚異の世界が広がる。この東洋文庫版は藤沢秀行九段の解説だが、天下の秀行先生でも1000時間以上考えた問題があるほど。推してするべしである。問題図を見て手番が分かるだけでも相当の腕前かもしれない。
 高級囲碁ファンなら本棚に並べておきたい一冊である。
 
スポンサーサイト
category
詰碁集
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/227-e0a237a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。