スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

実戦死活がおもしろい/小島高穂



フローラル出版/
有段者 ☆☆☆☆

 4章立てになっており、第1章は基本死活問題、第2章が実戦死活問題、第3章が中盤戦のなかで死活のからんだ場面の問題、第4章はアマの実戦を死活にフォーカスして解説している。
 死活は重要な分野だが、苦手な人も多く敬遠されることも。この本ではタイトルにあるとおり実戦で生じた形を取材しながら死活の攻防の妙味を十分に伝えてくれる。また局部的な死活の読みと、全局をにらんだ中盤戦の絡みにも触れられているので、死活の力がどう役立つかぴんと規定無い人にもお薦め。死活の重要性を理解できます。

 総じて小島本にいえることだが、実際の棋譜を取材してそれに綿密な検討と丁寧な解説がなされており、手筋のすばらしさを存分に伝えてくれる。小島九段の囲碁の愛情が伝わってくるようだ。


スポンサーサイト
category
手筋
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/226-a2226900

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。