山田の詰碁Ⅲ 三段突破の詰碁/山田規三生



棋苑図書/
有段者 ☆☆☆☆★

 
 『基本の詰碁』『高速攻めの詰碁』に続くシリーズ第3作。
 
 難易度はかなり上がってきている。三段といっても辛目の基準であるので、町の碁会所などで五段六段で打っていても間違える可能性は多分にあるし、購入して挑戦する価値は充分ある。
 図はシンプルでありながら筋が巧妙で奥深い良問ばかり。当たり前のことだがダメ詰まりの危険性や手順の大事さも実感できる。図がシンプルなので、考える意欲が湧き易いのもポイント。是非お薦めしたい一冊。

 蛇足だが、三部作といいながらタイトルは全くまとまりが無い。
 

スポンサーサイト
category
詰碁集
genre
本・雑誌
theme
棋書書評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/215-6a383828