スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

シチョウとゲタの基本/韓国棋院編



 
 棋苑図書/大島正雄
 有段者 ☆☆☆

 シチョウとゲタにターゲットを絞ったユニークな手筋問題集。問題集としてのできは標準的でありふれたものである。といってもそれが基本手筋集の宿命で、定番となる古典問題や定石変化などがちゃんと含まれているからありふれてしまうのである。

 「当たり当たりのへぼ碁かな」というのがあるが、初級の頃はやたらと当てる、やたらと掛けて捕まえようとする、など強引な手が多いもの。上達するにつれて無理な包囲や、無駄なアテを打たないということが身についてくる。
 しかし、「取れるなら取ってしまったほうがよい」というのも究極の真理で、筋がよくなりだしてかえって打ち方が甘くなるという皮肉なことも生ずる。
 この問題集はいずれも当たりや掛けで一気に相手の石を攻める筋ばかりが紹介されている。最近形になずんで甘い碁を打っているなと自覚している人は、たまにはこういう本で厳しく取りきる筋の再確認をしてみるとよいかもしれない。
スポンサーサイト
category
手筋
tag
囲碁
手筋

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/208-0fa7859d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。