スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

囲碁 07年9月号/誠文堂新光社



 この雑誌の売りは昔からプロアマ戦。昔は県代表なんかがトッププロに三子で挑戦するシリーズが定番だったが、現在は新鋭プロとアマ強豪の打ち込み12番勝負(第2次)が掲載されている。今月は大橋成哉初段に高橋真澄アマが先で挑んでいる。この手の企画は勝負も面白いのだが、手の解説以外にアマ選手の経歴などが紹介されるものなので、それを興味深く読んでしまう。
 
 ○目次●

・棋譜など

打ち込み12番勝負 大橋成哉初段―先 高橋真澄
呉清源21世紀への提言 常昊―先番 李昌鎬 
今月の特選譜 朴永訓―横田茂昭など8局


・詰碁
   ホップ(工藤紀夫)
   ステップ(石榑郁郎)
   ジャンプ(結城聡)実戦からの取材・改変が多い。ゴツゴツしてる。 


・講座

秀行・森田のこの局面この一手 おすすめ
小林覚の目からウロコ ザ・手筋 気軽に楽しめる
大竹英雄の明解布石の要点 内容はしっかりしているが新味が無い
安倍吉輝の今月の新手と新型 マニアック
鄭銘コウの碁は手順にあり わかりやすい
月変わり講座「先手の是非」(高成謙) 毎月趣向を凝らしており面白い
プロアマ置碁問答 なぜそう打つなぜそうなる(大矢浩一) 秀逸


・読み物など

詰碁&上達へのヒント 坂田栄男 昔話が面白い
名人指南 福井正明 古碁マニアむけ

院生コーナー(上村陽生) 非常に興味深い


・付録

名局細解 井山裕太―高尾紳路(井山裕太解説) 名物付録。今月は特に注目。 
スポンサーサイト
category
雑誌時評

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/202-bb3e7a1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。