スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

一撃三変覚のサバキ/小林覚



日本棋院/相場一宏
高段者 ☆☆☆★

 わりとわかり易くは書いてあるものの、テーマや題材の棋譜自体が高度・難解なため、高段者向きだと思われる。

 この本ではサバキを、勝つために踏み込む→反撃にあう→それに対して1)真っ向勝負、2)捨石作戦、3)フリカワリで対応するという流れで捉えている。これが「一撃三変」ということになる。

 昔は「明るい碁」の異名を取り、手厚く追い込む棋風だった覚九段だが、最近は過激な仕掛けから難戦を巧妙にさばいてゆく碁が多くなっている。棋譜を並べていても難解すぎて、着手の裏に潜む判断や読み筋についていくことが困難なことが多くなったので、個人的には非常に興味深く読めた。

 個人的には学ぶ本というよりも鑑賞する本として推奨したい。
スポンサーサイト
category
講座
tag
囲碁

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/195-f73c274d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。