スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

王銘エンの囲碁ミステリーツアー/王銘エン



毎日コミュニケーションズ/高見亮子
有段者 ☆☆☆★

 『我間違うゆえに我あり』の延長線上にあるような本。一言でいえば、刺激的で面白い。
 今回の主たる内容は、「耳赤の一局の終盤の真相」、「感覚と読み」、「ヨセの分数の話」、「中国ルール、日本ルールの成り立ち」。いずれも深刻で微妙な問題だが、高見氏の軽妙な筆もあって楽しく読める。

 ところで耳赤の終盤については、書かれていることが真実ならば衝撃的なのだが、筆者も自分では実際に検討はしていない。『我間違うゆえに我あり』でも触れられているが、「誰もひとの碁を真剣に検討しない」のであり「まともに検討していたら時間が足りない」のである。

スポンサーサイト
category
読み物/文芸
tag
囲碁

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/193-c86cfb5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。