スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

新・呉清源道場/呉清源

毎日コミュニケーションズ/
有段者 ☆☆☆★

 まだ完結されていないと予想されるが、一応ここまでの7冊をまとめてシリーズとして扱う。
 1巻から5巻は、金艶、岡田結美子、佃亜希子、万波佳奈といった女流棋士の、「熱血指導編」は1巻が瀬戸大樹、2巻がハンスピーチといった男性棋士の棋譜を題材にしている。いろいろな副題はつけられてはいるが、基本的に呉師の棋譜検討の様子を紙面に再現したものである。
 呉清源の布石には定評があり、この本も相当面白い。ただ、「呉清源本」には、呉師の仙人的なイメージも影響してか、なにか特別な秘法が語られてるかのような偏見があるように思える。しかし、ここで語られるのはもっとシンプルで基本的で、案外当たり前のことだ。広い場所(幅があるところ)が大きい、弱い石を作らない、弱い石は厳しく攻めるといったことが再三繰り返される。この本でよくわかるのは、簡明に考える大切さと、目の前の局面を簡明にとらえることの(意外な)難しさである。



スポンサーサイト
category
講座
tag
布石
呉清源

Comment

Trackback

http://das53jp.blog38.fc2.com/tb.php/182-de47a962

万波佳奈

万波佳奈万波 佳奈(まんなみ かな、1983年(昭和58年)6月16日 - )は、日本棋院所属の囲碁の女流棋士 (囲碁)|女流棋士。埼玉県さいたま市(旧浦和市)生まれ。東京都立新宿山吹高等学校|都立新宿山吹高校卒。大枝雄介九段門下。NHKの囲碁番組などで活躍、
  • 2007⁄03⁄03(土)
  • 07:30
  • あつこの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。